スポンサーリンク   トップ前置詞before, in front of

before, in front of 「~の前」意味の違い、使い分け

「~の前」という文を作りたいときには、before を使うことが多いです。
しかし、in front of ~ も「~の前」だと習いました。

では、この2つはどう違うのでしょうか?

今回は、この2つの同意語の意味とニュアンスの違い、使い分けについてまとめてみました。


before : (時間においての)~の前に

before

before は、時間軸で「~の前」を示す語として利用されている語です。
AがBよりも「前に」起こったと、その時間的なタイミングを説明するときには before が使われます。(時間軸以外を表す使い方がありますが、わずかな例においてなので、現時点においては割愛します)

例文:
・I woke before dawn.
 私は夜明け前に目が覚めました。

・She thought for a moment before she spoke.
 彼女は話す前にしばらく考えた

・We have to finish the work before the meeting starts.
 私たちは会議が始まる前にその仕事を終わらさなければならない。

in front of : (場所においての)~の前に

in front of

一方、場所のことで「~の前」と言うようなケースには、before は使えません。
「~の前に○○がある」というような、物理的なものを表すときには in front of ~ が使わ、「 A is in front of B 」と表した場合は、「AはBの前にある」という位置関係を示すことになります。

例文:
・There is a wall in front of that gate.
 そのゲートの前には壁がある。

・Don't park a car in front of the garage.
 ガレージの前に車を停めないで。

・A very tall man was standing in front of the tree.
 とても背の高い人がその木の前に立っていた。

おさらい

シンプルでオーソドックスな覚え方としては、次のように考えるのが良いでしょう。

・時間上で「~の前に」は before
・物理上で「~の前に」という場合は in front of
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:561 t:5 y:7