スポンサーリンク   トップ接続詞because, as, since

because, as, since「~なので」意味の違い、使い分け

理由説明の表現をするための接続詞として使われる because, since, as.

いずれの語も意味合いは「~なので」なのですが、それぞれニュアンス
の違いと使い分けがあります。今回のその部分について、まとめてみま
した。

because

① because : なぜならば/なぜかと言うと

because は日本語では「〜なので、~だから、なぜなら~」と訳される
ことの多く、「be + cause(原因)」という組み合わせから成り立っ
ている語です。

as/since が相手の知っている理由・原因を述べる語であるのに対して、
because は相手がまだ知らない理由・原因を述べるときに使います。

さらに as/since とは違って理由・原因の部分が重要であり、その点に
フォーカスされた表現で、強調するため文の後半に置かれた構成になる
ことが非常に多いです。

英語では新しい情報はうしろの方に置かれる傾向があるため、because
によって導かれた新情報を示す節も、文のうしろの方に置かれる傾向が
あります。

例文:
・I took the limited express because I missed the plane.
 飛行機に乗り遅れたので、特急電車に乗りました。

・I’m tired because I pulled an all-nighter last night.
 昨晩、徹夜したので疲れています。

・I stayed at home all day yesterday because I had no money.
 お金がなかったので、昨日は1日中家にいた。

・I'm trying not to eat much because I’m on a diet.
 私はあまり食べないようにしています。なぜならダイエット中なので。

② as / since : ~だから

as / since ~ は、「(ご存知のとおり)~だから・・・」という意味
合いで、原因や理由を述べるときに使う表現の一つです。

理由や情報などを含めて何かを相手に話そうとするときに、その相手が
伝えようとしている理由や情報を、すでに把握しているようなときは、
as または since を使って表されます。

相手がすでに知っている中で述べるため、理由を添える程度の軽い意味
合いとなり、特に重要で強調したい部分ではないので、通常は文の前半
部分に置かれることが多いです。

しかしながら as や since は、どちらもフォーマルな表現になります。

そして as は since よりもよりフォーマルな表現であり、理由・原因
を表す以外にも、別の多くの意味をもっている語です。そのため正しく
意味をつかみにくく、アメリカでは as よりも since の方がよく使わ
れるようです。

as はどちらかと言うと、書き言葉やスピーチなどで使われることが多
く、会話などのカジュアルな場では so がその代わりとしてよく使わ
れます。

例文:
・Since it snowed a lot yesterday, we took a taxi to the office.
 昨日は雪がたくさん降ったので、事務所までタクシーに乗った。

・It snowed a lot yesterday so we took a taxi to the office.
 昨日は雪がたくさん降り、それで私達は事務所までタクシーに乗りました。

・Since he had not paid his bill, the water was cut off.
 彼は料金を支払わなかったので、水道を止められてしまった。

・Since he was sick, he couldn't go out with his friend.
 彼は病気だったので、友達と遊びには行けなかった。

・As the sun rise, we got up soon.
 太陽が登ったとき、わたし達はすぐに起きた。

・As you know, I quit my job.
 知ってのとおり、私は仕事を辞めました。

・As I didn't have any money yesterday, I couldn't have dinner.
 昨日はお金をもっていなかったので、夕食を食べることが出来なかった。

前:as, since, because<  >次:even though, even if

 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:3609 t:5 y:13