トップ動 詞ask, order, request

ask, order, request「頼む」違いと使い分け

今回の単語は「頼む」の同意語、ask, order, request の3つです。
意味の違いや使い方/使い分けについて整理しました。

「頼む」という言葉もいろいろな場面で良く使いますね。
日本語で言うと「お願いする」「依頼する」「命令する」「要請する」「求める」などがあり、それぞれが微妙にニュアンスが違ったりします。

また「形式的」であったり「丁寧」であったりと、いろいろありますので、ここでは英単語でどうなるかを、確認していきます。


① ask : 頼む(もっとも良く使う)

orderrequest の10倍近い頻度で用いられます。
個人が何かを「求める」「頼む」という意味でよく用いられます。

「求める」の場合は、「ask(+間接目的語)+(for)...」、
「頼む」の場合は、「ask+人+to 不定詞」の構文でよく使われます。

例文:
Don't hesitate to ask for help if you need to find anything.
何かお探しでしたら、遠慮なくお声をかけてください。

 

② order : 上の立場から命じる

立場的に上位のものが何かを「頼む・命じる」という文脈で良く使われます。

特に、
・裁判所 court
・当局  authorities
・政府  goverment

などの機関が、「公的に」
・支払う pay
・逮捕  arrest
・調査  investigation

を命じるという意味で、使われることがよくあります。

例文:
The court orderd Mr. James to pay $3000 in fines.
裁判所はジェームズ氏に罰金300ドルを払うよう命じた。

③ request : 公式に要請する

「丁寧に」「形式的に」何かを頼む・求めるという意味でよく用いられます。公式に要請するというニュアンスで、あらたまった語です。

顔なじみ同士での個人的な頼みという文脈では、あまり用いられません。
「形式的な依頼」の意味で使われる傾向が高いようです。

例文:
I request permission to see Dr.Horms in private.
ホームズ博士と二人きりで会う許可を求めた。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:44039 t:4 y:13