トップ名 詞argument, dispute

argument, dispute「議論」意味の違い、使い分け

今回の単語は、「議論」という意味をもつ同意語です。
argumentdispute の2つ。

argument はよく聞く単語ですが、dispute はあまり聞きなれない語かも知れません。それぞれの意味やニュアンスの違いと使い分けについてまとめました。


① argument : (短時間の) 議論

argument

通常、特定の間題について個人の間 (特に二者間) で起こり、ほとんどの場合は短時間で終わるものになります。

例文:
We were involved in a petty argument.
私達はくだらない議論に巻き込まれた。

His argument was based on facts.
彼の議論は事実に基づいたものだった。

This is known as the second cityscape dispute.
これは第2次景観論争と言われている。

 

② dispute : (長期間の) 論争

dispute

通常は長期間にわたる論争を指し、時に激しい衝突になることもあります。また、dispute は法的で形式ばったニュアンスをもっている語になります。

例文:
The dispute with my brother lasted for three year.
兄との論争は3年間続きました。

Nothing is ever done here without dispute.
ここで何かやろうとすると必ず論争がある。

As for the dispute the piece was attached completely.
その論争は完全に片が付いた。

③ 使い分けの例 :

「友好的な議論」
dispute はより激しい議論を意味するので、友好的な議論にはあまり使われません。a friendly argument とするのが正解。

a friendly dispute はまったくダメというわけではありませんが、長引くような議論ではないので、どちらかと言うと不適切側となります。

「労働紛争」
a labor dispute とするのが正しい。
argument の場合は通常、二人の間での議論や論争なので、ここでは使うことができません。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:107 t:2 y:5