スポンサーリンク    トップ名 詞amusement, entertainment

amusement, entertainment「娯楽」違い、使い分け

「楽しみ」や「娯楽」という部分で使われる2つの類義語、entertainment と amusement.
同じような意味合いで使われますが、そのニュアンスは少し違いますので、今回はその違いと使い分けについて整理してみました。


amusement : (個人レベルの)楽しみ、楽しみごと

amusement

娯楽サービスというよりは、もっと個人的なレベルでの楽しみや楽しみごとを意味して、楽しむ受け手の側に焦点を合わせた言葉。個人的なレベルのもので、その楽しみごとに対して使われる言葉になります。

entertainment と明確に区別されるというのではなく、どちらかというとamusement は entertainment の範疇の中で、個人が楽しむのを中心にした意味合いで使われるイメージです。

amusement hall娯楽室
amusement park遊園地(個人の楽しみ向け)
amusement magazine娯楽雑誌
amusement program娯楽番組
amusement attraction(遊園地の)アトラクション

例文:
・His chief amusement is gardening.
 彼の主な楽しみは庭いじりである。
 
・He plays the violin for his own amusement.
 彼は慰みにバイオリンを弾く。

・To our amusement, the dancer fell off the stage last night.
 面白いことに、昨晩、ダンサーがステージから落ちた。

entertainment : (多くの人を対象にした)娯楽、遊び

entertainment

人々を楽しませてくれるサービスや娯楽で、個人的で単純なものから、公に知られている大がかりなものまで広く使うことができる言葉。娯楽を提供している側に焦点が当てられている表現です。

抽象的な意味の言葉ですが、楽しみ、喜び、気晴らし、気分転換、息抜き、遊び、レジャーなどが類語となっており、一度に多くの人を対象とした娯楽という意味合いが含まれています。

entertainment film娯楽映画
entertainment park遊園地(大規模で大衆相手)
entertainment agency芸能プロダクション
entertainment for a partyパーティーの余興
entertainment for all ages全ての年代の人のための娯楽

例文:
・He found entertainment in reading.
 彼は読書に楽しみを見い出した。

・What this party needs is some entertainment.
 このパーティーで必要なのは、なんらかの余興です。
 
・What do people do for entertainment in London?
 ロンドンの娯楽は何ですか?
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:540 t:1 y:0