トップ副 詞all the time, every time

all the time, every time「いつも」意味の違い

意味を調べようと辞書を引いたときに、日本語訳だけでそのまま理解しようとすると、間違って理解してしまうことがあります。

all the timeevery time の場合も、そういうケースになる可能性があります。
つまり、どちらも「いつも」と訳されているのを見て、同じ意味として捉えると、間違ってしまうということです。

この二つの単語の訳は同じ「いつも」ですが、明らかに示す意味が違いますので、きちんと使い分ける必要があります。この time の意味がポイントとなりますね。

all the time の time は、「時間」としての time になります。
そして、
every time の time は、「回数」としての time になるのです。

従って、
all the time は、その期間中継続して「ずっと、いつも」であり、
そして、
every time は、任意の時を取り出すと「毎回、いつも」の意味となります。

 
例文:
・She works all the time at the hotel.
 彼女はそのホテルでずっといつも働いている。

・She works every time at the hotel.
 彼女はそのホテルで毎回いつも働いている。

前者は「ずっと働いている」という意味で、フルタイムで長い継続した時間/期間、その仕事をしているというケース。

後者は請われたときには、「毎回、いつも」そのホテルで働いているというニュアンスのケースになります。

例文2:
・It was sunny all the time when I was there.
 わたしがそこにいた時はずっと晴れていた。
(その期間中、ずっと継続して)

・He is out every time when I call him.
 電話するといつでも彼は留守だ。
(毎回、その時には)

all the time は「連続した期間」、every time は「点」に対しての表現だと覚えるといいかも知れません。

前:after, later, in<  >次:almost, nearly
■読まれている副詞 ベスト:こちらは大丈夫ですか?
・~もまた     also, too, as well
・多分       probably, perhaps, maybe 
・おおよそ、約   about, around, approximately
・実は、実際は   actually
・その上      besides, moreover, furthermore


a:20407 t:5 y:3