トップ名 詞agreement, contract

agreement, contract「契約」意味の違い、使い分け

今回は「契約」の同意語で、agreementcontract の2つ。
それぞれの意味、ニュアンスの違いと使い方、実際に会話をするときの使い分けについてまとめました。


① agreement : 合意

Agreement

agreement には「契約」という意味合いもありますが、どちらかと言うと、同意や承諾、合意を表す一般的な単語になります。

非公式な友人同志の口約束から、会社間または国家間の正式な合意までを表すことができます。

例文:
He often offends against our agreement.
彼は我々の協定を破ることがよくある。

We will award contracts to suppliers when agreement is reached.
私たちは合意に達したときに、仕入先との契約を締結するでしょう。

A change to the Development Program shall only be made by agreement.
開発計画の変更には、両者の合意を必要とする。

 

② contract : 契約

contract

公式文書による「契約、規約、協定」などを意味する語になります。
正式な契約のことで、通常は文書化されます。contractagreement の法的な内容の部分を、きっちりと明確にしたものと言えるでしょう。

例文:
They are satisfied with the contract.
その人たちは契約に満足している。

The contract also limits your remedies.
その契約はあなたの修正についても制限しています。

Draft Sale representative negotiates contract with customer.
草案営業担当が顧客と契約について交渉中です。

③ 使い分けの例

「100万ドルの契約」
contract を使って表現する。a million・dollar contract
金銭の絡んだ契約には agreement は適しません。
a million・dollar agreement は不適合。

「暗黙の了解」
agreement を使って a tacit agreement とするのが適切。
a tacit agreement は慣用句。contract は official なものなので、a tacit contract(暗黙の契約)という表現を使うのは適切ではありません。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:640 t:1 y:2