トップ名 詞ache, pain

ache, pain「痛み」意味の違い、使い分け

日常会話で健康や運動関係の話題を話すときに、ときどき出てくる「痛み」という意味の名詞 。よく使う英単語は2つで、achepain.

今回はこの2つの同意語のニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① ache : (うずくような)痛み

ache

ache は、激痛というような痛みではなくて、うずくような痛みを表します。muscle ache, tooth ache など、ほとんどの場合、緊急の治療を要するほどひどくはない痛みを指します。

例文:
There's an ache in my leg. I'd better take a rest.
足が痛むので、休んだ方が良さそうです。

 

② pain : (治療につながる)痛み

pain

「痛み」という意味を表す一般的な言葉で、治療するまでもない slight pain (軽い痛み) から、我慢できない unbearable pain (耐え難い痛み) までさまざまな痛みを表します。

急な痛みを表すことが多く、患部が悪い状態で治療が必要なもの、あるいは放置しておくと治療が必要になるような部類の痛み。

例文:
There's a pain in my leg. I'd better go to the hospital.
足が痛むので、病院へ行った方が良さそうです。

③ 使い分けの例

「腹痛」 という場合:
stomach pain:盲腸などの急な痛みを表すことになります。
stomach ache:通常の腹痛を指します。

「陣痛」 という場合:
l陣痛は通常、大変な苦痛を伴うので labor pains というのが正しい。labor aches とするのは間違い。

「鎮痛剤」 という場合:
pain は急なひどい痛みを指すことがあるので、鎮痛剤の呼称の一つとして使われています。a pain killer が正解。an ache killer は間違い。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:273 t:1 y:6