スポンサーリンク   トップその他a pair of, a couple of

a pair of, a couple of 違いと使い分け

 一組の靴、一組の靴下・・というように言いたいときは、いつも
 「a pair of」を使っていました。

 しかし「a couple of」という語を見たとき、似ているニュアンス
 の語だけども、少し違うなとも感じました。

 靴や靴下はセットになって使われるものというイメージで、pair
 を使うべきと感じ、coupleは(新婚)カップルのイメージを持っ
 ていて、セットで使うべきという意味合いではなく、単に一組の
 というイメージでした。

 しかしそのニュアンスは、日本語として使われている言葉からの
 イメージによるものかも知れません。

 少し自信がなかったので、明確な言葉で簡潔に説明できるよう、
 復習をしてみました。

a pair of : 一組の~、一対の~

 やはりイメージの通りでした。同一のもの2つで1つ(一対)の
 ものとして使うものを表します。まさに靴や靴下、手袋、眼鏡の
 ようなものですね。

 ・I bought a pair of shoes at the mall.
  わたしは1足の靴をショッピングモールで買った。

a couple of : 2~3の、二つの~、二者一組の~

 同じ種類のものでの、組み合わせのことを表します。
 しかし「2つで一足となるもの」でなければならない・・という
 わけではありません。

 より端的に二つの語の違いを表すと、
 ・pair は「同一のもの」が「一対」
 ・coupleは「同じ種類のもの」が「二つ」
 ということになるかと思います。

 ・A couple of women gave me chocolates on Valentine's Day.
  バレンタインデーに2人の女性がわたしにチョコレートをくれた。

【補足】 
 しかし a couple of は、次のように「2~3の」という表現でも、
 かなり頻繁に使われています。

 ・時間  a couple of days
 ・期間  a couple of years
 ・距離  a couple of blocks
 ・個数  a couple of classes

 ・There's a couple of words I want to say.
  わたしから2~3申し上げておきたいことがあります。

 ・What I have to say to you are a couple of things.
  あなたにいくつかアドバイスをしたいのですが。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:15879 t:7 y:11