スポンサーリンク   トップ英単語小話 > フットボールとサッカー、ムービーと‥

第8話:フットボールとサッカー、ムービーとシネマ

 英語学習をしていて頭が混乱することになるのは、
 ・一つの英単語が別の違う意味をもつこと
 ・同じ意味なのに複数の英単語があること
 ではないでしょうか。

 例えば、「football」という英単語がありますが、どんなスポーツを
 イメージするでしょうか。

 わたしはずい分あとまで
 ・アメリカン・フットボール(American football
 をイメージしていました。

 あのラグビーのようなスポーツ。アメリカ版ラグビーです。
 それしかイメージすることができませんでした。

 しかし、その後ベトナムに行ったときに、「football」とは、
 ・サッカー(soccer
 のことだとベトナム人から聞いて、初めてサッカーには2つの英単語
 があることを知ったのでした。

 恐らく今でも多くの日本人は、同じように思っているのではないでし
 ょうか。英語を学習している人を除いて。

イギリス英語とアメリカ英語

 いずれにしろどちらも間違ってはいないのです。
 さらには、「football」をラグビー(rugby)だと主張しても間違い
 ではないのです。

 ここまでくると、少し誤解が生じることにはなりますが。

 これは同じ英語であっても、イギリス英語とアメリカ英語の違いから
 生まれたものです。

 アメリカ人相手に、サッカー談議で花を咲かせようとしてfootball
 いう英単語を使っても、話しがかみ合わないこともあり得るので注意
 が必要です。

 要はそのような違いがあるということを知っておき、先に相手を見て
 使い分けるか、言ったあとですぐに誤解があることを察知して、軌道
 修正できるようにしておくべきなのです。(中級以上に進むならば‥)

 また「映画」を意味するのに、movie, cinema という単語があるのも、
 アメリカ英語とイギリス英語の違いです。
 movie はアメリカ英語。
 cinema はイギリス英語。

 さらにイギリス英語では、film(フイルム)や picture(ピクチャー)
 なども映画を意味します。

 こういったことで混乱することを避けようとするなら、あらかじめそ
 のような違いがあることを、インプットしておくことが必要ですね!

 ■他の小話はこちらです
  ・第6話:恐ろしい食べ物
  ・第7話:タレントは芸能人、talentは才能のこと
  ・第9話:イギリス英語とアメリカ英語の違い
  ・第10話:「美味しい」という表現の使い分け
  ・第11話:「病院に行く」の表現は要注意!
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:4409 t:2 y:1