トップ日常よく使う英単語食べる/飲むビール/コーヒー

ビール/コーヒー

ビールを冷やす : chill the beer  

 
 chill the beer


【例文】
 A: What should I do with the beer for the party ?
   The refrigerator is full.
 B: Could you go ahead and chill the beer in the cooler, please ?

 A: パーティーに出すビール、どうすればいいかな。
   冷蔵庫が一杯なんだ。
 B: 向こうへ持っていって小型冷蔵庫で冷やしてくれる?

【解説】
 chill は「…をよく冷えた状態にする」という意味。
 beer や wine などの冷やして飲む酒類の語句で使用します。
 milk や juice には、ふつう cool が使われます。

ビールをつぐ  : pour the beer  

 
 pour the beer


【例文】
 A: My hands are full. Could you pour Jan some beer ?
 B: Sure. Where are the glasses ?

 A: 手がいっぱいなんだ。ジャンにビールをついであげてくれないか。
 B: いいわよ。グラスはどこ?

【解説】
 ビールをつぐ相手を明示する場合には、[pour + 人 + beer]
 または [pour (out) + beer + for +
人] という形で使います。

 例にある some は、不可算の物質名詞にしばしば付けられますが、
 文法上は不定冠詞 a に似た役割で、特に具体的な意味を表すわけではあり
 ません。

コーヒーを入れる: brew coffee

 
 brew coffee


【例文】
 A: Do you want a pack of instant coffee ? I have some extras.
 B: No, thank you. I brew my own coffee at home.

 A: インスタントコーヒーをひとパック、要らない? 余ってるんだ。
 B: 要らないわ。家では自分でコーヒーを入れるから。

【解説】
 ・動詞 brew を使うと、コーヒーは紅茶などの「湯を注いで、入れる」と
  いう具体的な行為を表します。

 ・make coffee という言い方もできますが、こちらを使うと
  「コーヒーを(飲めるように)用意する」という漠然としたニュアンス
  になります。

 ・後者の意味では prepare も使えます。
 ・coffee は不可算の物質名詞なので、無冠詞で使うのが原則。

 

コーヒーを出す : serve coffee

 
 serve coffee


【例文】
 A: Are there going to be refreshments at the meeting ?
 B: I'm not sure, but they're definitely serving coffee.

 A: 会議では軽食でも出るのかしら。
 B: 分からないけど、コーヒーは出してもらえるはずよ。

【解説】
 ・serve は「…を配る、…を振る舞う」の意味
 ・飲食物全般に対して用いられる動詞

 ・代わりに

give を用いることも可能であるが、「飲ませる」といったや

  や高圧的なニュアンスになることがあるので注意

コーヒーをすする: sip coffee

 
 sip coffee


【例文】
 A: Could you stop sipping coffee like that ?
   It's disturbing me.
 B: Sorry, but it's too hot.

 A: そうやってコーヒーをすするの、やめてくれないか。
   気になるんだ。
 B: ごめんね。でも、とっても熱いのよ。

【解説】
 ・sip は主に酒などの刺激の強い飲み物を、少量ずつ口に含むことを表す。

 ・coffee や tea 、water など、本来は少しずつ飲まないイメージの飲料
  を指す語と結び付くと、「音を立ててすする」というニュアンスになる。

 ■関連ページです
  ・ビール/コーヒー ・食事      ・お酒     ・テーブル/瓶
  ・パン/甘いもの  ・アイスクリーム ・めん/スープ ・調理法/お皿
 

◆トップへ戻る
a:23664 t:18 y:15