スポンサーリンク   トップ英単語小話パンツを誤解して大恥をかく

第29話:パンツを誤解して大恥をかく

 最近はおしゃれに敏感な若い人が多いですが、パンツ(pants)という
 表現にも、ものおじすることはありません。

 「ズボン」もパンツと呼ばれることで、慣れてきているからでしょう。

 ところが、年配の男性ともなると、パンツ=下着を意味するものと信
 じて疑わない人もいるのです。

 そんな年配の男性の一人が、会社からアメリカ駐在を命じられて赴任
 したときに、あることで大恥をかいたという話がありました。

 あるときその人は体調が悪いため、医師に診てもらおうとクリニック
 へ行きました。そして診察室に入り診察を受けたときのこと。

 医師が言いました。
 「Take off your pants, please.」と。

 医師に言われたその男性は、
 「パンツを脱いでください」
 と聞き取ったところまでは正しかったのですが・・。

 しかし、パンツは下着の意味だと理解していたため、恥じらいながら
 もパンツまでを一緒に下げて下半身をむき出しにしたところ、医師は
 「ギョッ!」、看護士は「キャーッ!」となったというのです。

 今、この話を聞くと、まるで笑い話のようですが、実際にあった話だ
 ということでした。

 アメリカでは、下着は underwear として総称されており、男性用下着
 は undershorts あるいは under pants とよばれています。

 ちなみに、女性用の場合は panties ですから、日本語としても定着し
 ているので、ほとんど間違うことはないでしょう。

 アメリカ英語では、いわゆるズボンをさす単語として、
 pants, slacks, trousers の3つがありますが、一般的に用いられる
 のは「pants」であるということを、よく覚えておきたいですね。

 ■関連ページ:英単語小話
  ・第26話:driveは車の運転だけの単語にあらず
  ・第27話:customが複数になると習慣から税関に
  ・第28話:英単語には全て単数と複数がある?
  ・第30話:アニメはanimationではない
  ・第31話:Take it easy.の二つの意味
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:5006 t:1 y:7